水筒は消耗品?

水筒は消耗品?

夏の間、水筒が大活躍でした。

私も小さめの魔法瓶タイプを購入し、氷と麦茶をいれて常にカバンのなかにいれてました。喉が渇いたとき、ペットボトルを買うほどではないけどちょっと一口飲みたい、ということがよくあるし、それになんといってもきちんと冷たくておいしいのがよかったですね。

子供たちも学校へ水筒持参でした。

毎日使っているときは、持ち帰った日に子供は自分の水筒をざっと洗うようにさせています。それで翌日の朝もう一度、私が麦茶を詰める前にきちんと洗剤で洗いました。

それでも水筒って、意外と匂いがつくんですよね。

特に夏場、運動するときとかポカリスエットのようなものをいれるとあの匂いがついてしまいます。ちなみに夫は冬場だけコーヒーを入れていくんですけど、これはまったくどうにもならないですね。コーヒー専用にしてしまっています。

麦茶でも、匂いこそつかなくても、やっぱり汚れが気になるんですよね。

それで毎日使っているときは、逆にあまり気にならないのですが、それがしばらく使わないでいて、間があくと特にダメです。

コップ洗いとかで使うような柄の長い、専用のブラシを持っているんですけど、これで洗剤つけてゴシゴシやってますが、どうもちゃんときれいになった気がしなくて。

ママ友と話してみると、みんなやっぱりけっこう気にしているみたいでした。どうやっても最終的には匂いがつくというので、中には水筒には「水」しかいれないっていう人もいました。

それと、「ある程度使って、廃棄処分」っていう人もいました。

一応、水筒持つってのはエコ、ってことなのに、捨てちゃうってのもどうかなとは思わないでもないんですけども。ただ、確かに一定の期間使ったものは捨てるというか、一種の消耗品でもあるかなぁという気持ちはあります。もちろん、一ヶ月とかそういうことではなくて、夏も冬も使うのなら、だいたい1年ぐらいなのかな、とか。これは匂いとか清潔感だけではなくて、けっこう乱暴に使ったりもするんで、パッキンがゆるんできたりもしますから。

ポット洗い、みたいな専用の洗剤がありますよね。水筒もそういうのがあるんでしょうか。

手軽に簡単に、清潔で匂いもさっぱりととれる、そういうのがあるといいんですけどね。

アウディA5

不思議な料理

結婚して半年が経ち、苦手だった料理もだいぶマシになってきました。夫も文句を言わずに食べてくれていますので、表面上は「多少上手になった」気がしています。

それでもたまに「なんだこれは」という摩訶不思議な新種料理が出来上がることがあります。よく出来るのが寝ぼけながら作るお弁当調理タイム。ここは魔の時間だといえます。

朝の辛さがなければどれだけ人生が楽になるだろうと、本気で考えるほど朝に弱い人間です。

ですので、お弁当は本当に作るのが億劫です。多くの方がそうだと思いますが、それでも家計のことを考えると作ったほうがいいよね、という結論になってしまいます。

前の夜のおかずを回せたりすればいいのですが、それがたまたまない時もあります。そういうときにある野菜や肉でおかずを一品、という流れになります。これがやばいのです。

普通ならこんなもの入れないだろ、というようなプラスアルファを入れたりしてしまいます。

しかも怖いのが入れたという自覚がないのです。例えば炒め物にかなりの量のお酢を入れたとします。そのことに自覚はないので、お昼にくる夫からのメールに驚きます。

「今日の炒め物すごく酸っぱいけど、腐ってないよね?」慌てて朝の行動を振り返る私。記憶は曖昧ですがよく考えるとお酢らしきものを入れたような・・・。

お酒を間違えてお酢を入れたんだと思います。結構な量なので、腐ってると勘違いしてもおかしくなかったはずです。

こんな感じでたまに夫を驚かしているわけですが、作っているうちに違う料理になるということもあります。その日はオムライスが食べたくて、チキンライスを作るところでした。

ところが、ケチャップが切れていることに気がついてしまい、途中で何かに変更しようということになったのです。そこで目に付いたのが、使いかけのカレーの赤い缶。

あ、ドライカレーにして卵を上に乗せればおいしいんじゃない?と私の頭は考えました。

ところが、甘めのチキンライスが好きな私。中にいれる具材にミックスベジタブルを使っていたのですが、その中のコーンがカレーとまったく合わずなみだ目(笑)

世にもおいしくないドライカレーが出来上がり、極めつけは上に乗せる卵も失敗してしまい、カサカサの薄焼き卵になってしまいました。それとドライカレーでパサパサ・・・。

さすがの夫も「まずいわー」と言いながら食べていました。ははは、たまにはこんなこともありますよね。